ページの先頭です。 本文へジャンプします。 メインメニューへジャンプします。 関連メニューへジャンプします。 サイトマップへジャンプします。 フッターへジャンプします。

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院

電話番号 0823-22-2111

文字の大きさ

  • 大きくする
  • 元に戻す
サイト内で検索を行いたい文字列を入力し、「サイト内検索」ボタンをクリックまたはキーボードのエンターキーを押してください。

ここから本文です。

病院のご案内

現在のページは
トップ > 病院のご案内 > 病院長あいさつ です。

病院長あいさつ

病院長 寺坂  薫

 国家公務員組合連合会 呉共済病院は2004年(平成16年)に創立100周年を迎えました。歴史を振り返ると、1886年(明治19年)、呉港は軍港に指定され、日本の最高の技術を駆使した世界に誇る戦艦「大和」を建造し、東洋一の軍港となりました。当時、呉海軍は海軍工廠の健康管理を行うために、1904年(明治37年)11月3日に現病院の前身となる呉海軍工廠職工共済会病院を設立しました。しかし、第二次世界大戦後、海軍共済組合は解散し、財団法人共済協会に引き継がれ、1950年(昭和25年)「旧令特別措置法」により、国家公務員共済組合連合会(KKR)呉共済病院として現在に至っています。同じ系列には34病院があり、いずれの病院も日本の最先端医療を行っています。

 本院は、2008(平成20)年以来、急性期医療・入院治療重視を掲げ、基本的には、入院治療、救急医療を中心とした診療が主体で、外来診療は開業医の先生にお願いし、地域連携を重視した急性期医療に特化した病院となっています。

 救急では、外傷、消化器系、循環器系など、昼夜問わず様々な疾患を受け入れ、CT、MRI、血管撮影装置なども最新装置を更新し、高度先進医療を行っています。また、不整脈に対する血管内治療も他に先駆けて行なっており、呉では唯一アブレーション(カテーテルによる不整脈治療)が可能です。

 高度ながん診療も行っており、院内には患者サロン、がんサロンを開設しています。2012(平成24)年からは、がん診療の市民公開講座を開催し、多くの市民の皆様に参加をしていただいています。今後更にがんの早期発見、治療、緩和ケア等の充実も図っていきたいと思います。
 地域の医療の集約化として、当院には腎疾患が集約されており、呉地区で透析患者様を中心的に受け入れています。

 2019(平成31)年4月からは総合診療科医師1名、皮膚科医師1名が常勤で新たに着任し、診療内容もますます充実してきています。

 さて、2018年7月には、西日本豪雨災害が発生し、甚大な被害となりました。被災された皆様に心よりお悔やみ申し上げます。ライフラインの中断、通勤困難などにより、やむを得ず救急診療を縮小する病院がある中、当院は救急受け入れを続けました。すべての職員が呉の医療、患者さんを守ろうという強い意志のもと、結束できたことを大変誇りに思っています。
 
 「呉共済病院は、呉市民のために存在する呉の市民病院である」という気持ちを常に持ち続け、歴史ある真の意味での市民のための病院として存続していきたいと考えています。

2019(平成31)年4月
病院長 寺坂  薫


ここからサイトマップです。

ページの終わりです。