ページの先頭です。 本文へジャンプします。 メインメニューへジャンプします。 関連メニューへジャンプします。 フッターへジャンプします。

国家公務員共済組合連合会 呉共済病院看護専門学校

  • 呉共済病院WEBサイト
  • 交通アクセス

電話番号:0823-22-2111(代表) [内線番号]6102


ここから本文です。

現在のページは
トップ > 呉共済病院看護専門学校 > カリキュラム です。

カリキュラム

学習形態

学校での講義・演習と病院での臨地実習に大別されます。平均授業時間は、一日6時間、一週間33時間です。
教授陣は、大学教授、講師ならびに経験豊富な医師、看護師、コ・メディカルスタッフなど各部門の専門家が担当します。
臨地実習は、教室で学習して得た知識、技術、態度を実践の場で経験することにより、看護とは何かを理解し、実践ナースとなるための資質を培います。実習は、呉共済病院を中心に、呉医療センター、精神科病院、福祉施設、保健所、保育所等でも行います。

授業の様子

講義

授業は、スタンダードな講義形式と、みんなで意見を出し合いながら考えるグループワーク形式など、様々です。1日1コマ90分の授業が4コマ。はじめは長い時間の授業に慣れない学生も、次第に90分があっという間になっていきます。

画像の代替テキストを入力してください。

画像の代替テキストを入力してください。

画像の代替テキストを入力してください。

演習

☆1年生☆
はじめての演習は、ベッドメーキングでした。どうやったら清潔で崩れにくいベッドが作れるのか、ポイントを一つずつ押さえながら、学びました。

画像の代替テキストを入力してください。

画像の代替テキストを入力してください。

画像の代替テキストを入力してください。

☆2年生☆
ロールプレイングの授業では、事例患者さんの疾患・看護について勉強し、必要な看護援助を実践する演習を行いました。それぞれの発表の後は、なぜその援助を選択したのか、何に気を付けて行ったのか、等 みんなでディスカッションして、学びを深めました。

画像の代替テキストを入力してください。

画像の代替テキストを入力してください。

画像の代替テキストを入力してください。

☆3年生☆
医療安全演習では、救急の認定看護師さんに来てもらい、救急蘇生についての知識と技術を学びました。

画像の代替テキストを入力してください。

画像の代替テキストを入力してください。

画像の代替テキストを入力してください。

臨地実習

画像の代替テキストを入力してください。

画像の代替テキストを入力してください。

画像の代替テキストを入力してください。

トイレ介助

このようなトイレだと、どのように介助するといいかしら?

血圧測定

血圧の測定が学内の練習と同じようにはいかない・・・ なんでだろ?

お湯の準備

お湯の準備は温度が大事・・・

コミュニケーション

患者さまとのコミュニケーションはうまくできました?

酸素ボンベ

酸素ボンベは圧力計の所を持って運搬したらダメだよ。

配膳

お食事の配膳に行ってきます。

点滴

点滴を使う時はどんな注意が必要でしょうか?

教育課程

下表の科目を3年間で履修します。(教育計画と授業計画(シラバス)についてはお問い合わせください)

分野 教育内容 授業科目 単位 時間数
基礎分野 科学的思考の基礎 論理的思考の基礎・ものの見方考え方 論理学 30
現象への物理的理解 物理学 1 30
情報処理の基本 医療・看護と情報 情報科学

1

30
人間と生活・社会の理解 心の仕組みと働き、臨床心理 心理学 1 30
人間存在の意味、人間理解とケアの倫理 哲学 1 30
社会の仕組みと働き 社会学Ⅰ 1 30
個人・家族の社会 社会学Ⅱ 1

15

教育の本質と教育方法 教育学 1 30

英会話

医学英語

臨床場面での英会話

英語Ⅰ 1 30
英語Ⅱ     1 30
英語Ⅲ 1 30

体育理論と実技

スポーツと医学

保健体育学Ⅰ 1 30
保健体育学Ⅱ 1 15
基礎分野 小計 13 360
専門基礎分野

 

 

人体の構造と機能

 

 

解剖生理学の基礎知識,生殖・発生と老化

解剖生理学Ⅰ

1

30

消化・吸収と代謝・内分泌

解剖生理学Ⅱ

1

30

呼吸と血液循環,体液の調整と尿の生成

解剖生理学Ⅲ

1

30
情報の受容と処理,体の支持と運動 解剖生理学Ⅳ 1 30
生命維持に必要な栄養素の構造と性質 栄養生化学 1 30
疾病の成り立ちと回復の促進 疾病の成り立ち・回復に関する微生物 微生物学 1 30
疾病の予防・回復を助ける化学物質 薬理学 1 30
疾病診断に必要な検査,放射線診断 臨床診断概説 1 30
手術と麻酔,リハビリテーション療法 治療法概説 1 30
疾病の成り立ちと分類・治療機転の原則 病理疾病総論 1 30
主な疾患の病態・治療(呼吸と循環) 病理疾病各論Ⅰ 1 30
 
主な疾患の病態・治療(消化と代謝,内分泌)
病理疾病各論Ⅱ 1 30
主な疾患の病態・治療(脳神経と運動器系) 病理疾病各論Ⅲ 1 30
主な疾患の病態・治療(腎・泌尿器系と生殖器系) 病理疾病各論Ⅳ 1 30
主な疾患の病態・治療(血液と造血器系,免疫,感覚器) 病理疾病各論Ⅴ 1 30
健康支援と社会保障制度
生活環境と生活者の健康を守る活動 公衆衛生学 1 30
人々の生活・健康を守る福祉 社会福祉総論 1 15
看護と関連する社会福祉制度 社会福祉各論 1 15
看護に関連する法規 関係法規 1
30
 
医療の歴史,医療の仕組み 総合医療論Ⅰ 1
15
医療をめぐる動向と課題 総合医療論Ⅱ 1 15
専門基礎分野 小計 21 570
専門分野Ⅰ 基礎看護学 看護の役割・機能,対象の理解,看護活動 看護学概論 1 30
看護実践の基本となる援助技術 基礎看護方法論Ⅰ 1 30
生活行動を整える援助技術(環境・食事・排泄) 基礎看護方法論Ⅱ 1 30
生活行動を整える援助技術(清潔・衣生活,活動・休息) 基礎看護方法論Ⅲ 1 30
診療に伴う看護技術 基礎看護方法論Ⅳ 1 30
対象把握のための技術 基礎看護方法論Ⅴ 1 30
健康状態の評価(フィジカルアセスメント) 基礎看護方法論Ⅵ 1
30
 
健康レベル,症状,治療に応じた看護 臨床看護総論 2 60
基礎看護技術の統合(ロールプレイング) 基礎技術演習 1 30
臨地実習 基礎看護学実習Ⅰ 1 45
基礎看護学実習Ⅱ 2 90
専門分野Ⅰ 小計 13 435
専門分野Ⅱ 成人看護学 成人看護の理念と役割・機能,対象の理解 成人看護概論 1 30
成人の特徴的な健康障害と看護(がん・中途障害者への看護) 成人看護方法特論 1 15
呼吸・循環,血液機能に障害を持つ対象への看護 成人看護方法論Ⅰ 1 30
消化・吸収と代謝・内分泌機能に障害を持つ対象への看護
成人看護方法論Ⅱ 1 30
脳神経系,運動器系に障害を持つ対象への看護 成人看護方法論Ⅲ 1 30
腎・泌尿器,生殖器系に障害を持つ対象への看護 成人看護方法論Ⅳ 1
30
臨地実習 成人看護学実習Ⅰ(回復期・慢性期) 2 90
成人看護学実習Ⅱ(急性期) 2 90
成人看護学実習Ⅲ(周手術期・集中ケア・終末期) 2 90
老年看護学
老年看護の理念と役割・機能,対象の理解 老年看護概論 1 30
身体機能,生活機能の評価
老年看護方法論Ⅰ
1 15
健康レベル・症状・治療処置に応じた看護 老年看護方法論Ⅱ 1 30
老年看護演習 老年看護方法論演習 1 15
 
臨地実習
老年看護学実習Ⅰ(回復期・慢性期) 2 90
老年看護学実習Ⅱ(急性期・終末期・福祉施設) 2 90
小児看護学 小児看護の理念と役割・機能,対象の理解 小児看護概論 1 30
疾病・障害の理解,特有な疾患を持つ小児の看護 小児看護方法論Ⅰ 1 30
健康レベル・症状・治療処置に応じた看護 小児看護方法論Ⅱ 1 30
小児看護演習 小児看護方法論演習 1 15
臨地実習 小児看護学実習 2 90
母性看護学 母性看護の理念と役割・機能,対象の理解 母性看護概論 1
30
母性各期の健康の維持増進と看護 母性看護方法論Ⅰ 1 30
周産期の異常と看護 母性看護方法論Ⅱ 1 30
母性看護演習 母性看護方法論演習 1 15
臨地実習 母性看護学実習 2 90
精神看護学 こころの健康と発達・精神保健福祉 精神保健 1 30
精神看護の理念と役割・機能,看護の特徴 精神看護概論 1 30
精神の疾病・健康障害と看護の方法 精神看護方法論Ⅰ 1 30
精神看護演習 精神看護方法論演習 1 15
臨地実習 精神看護学実習 2 90
専門分野Ⅱ 小計 38 1290
統合分野 在宅看護論 在宅看護の理念と役割・機能,看護の特徴 在宅看護概論 1 30
在宅看護の基本技術,生活行動の援助 在宅看護方法論Ⅰ 1
30
疾病・健康状態,医療処置に応じた在宅看護 在宅看護方法論Ⅱ 1 30
在宅看護演習
在宅看護方法論演習 1 15
臨地実習
在宅看護論実習 2 90
看護の統合と実践 看護制度,看護・組織のマネジメント 看護管理 1 30
災害看護,異文化理解と国際交流 災害看護・国際看護 1 15
看護研究の基礎,文献検討 看護研究の基礎 1 15
看護実践に必要な医療安全の実際 医療安全演習 1 30
臨地実習
統合実習 2 90
統合分野 小計 12 375
総合計 97 3030

 

<単位修得について>
 授業科目の3分の2以上の出席時間数等を満たしていれば成績評価(認定試験)を受けることができる。認定試験は60点以上を合格とし単位認定となる。成績評価は定められた基準で評価する。
<卒業の認定要件>
 必要期間在籍しており,出席すべき授業日数の3分の2以上出席し,全科目の単位を修得していること。

 上記内容の詳細についてはお問い合わせください。

取得可能な資格

〇看護師国家試験受験資格
〇保健師・助産師学校受験資格
〇医療専門士の称号
〇大学編入試験受験資格

ページの終わりです。