MENU

キービジュアル

栄養サポートセンター

  • LINE
  • facebook
  • youtube

栄養サポートセンターについて

「NST」を知っていますか?

「NST」は、1970年にアメリカで生まれた「Nutrition Support Team」の頭文字をとった略称です。日本では「栄養サポートチーム」とも呼ばれています。呉共済病院NSTは2002年12月に誕生し、活動を続けています。

「NST」とは、どのようなチームなのでしょう?

NSTのメンバーは、医師、歯科医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、検査技師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士から構成されています。入院患者さんの栄養管理を行いますが、それぞれのメンバーの専門知識と技術を出し合う「チーム医療」により、活動しています。

栄養が不足すると、どうなるのでしょうか?

ヒトは食事をとり、それを栄養として生きています。入院患者さんに「食事がとれない」、「食事量が減ってきた」などの症状があれば、その原因を調べ、個々に応じた適切な栄養療法を考え、全身状態の改善を図ることが大切です。栄養が不足すると、(1)病気が治りにくくなる、(2)術後の回復が遅れる、(3)感染症にかかりやすくなる等の症状が現れることが報告されています。

栄養は、すべての治療の基本です

医食同源というように、栄養はすべての治療の基本です。患者さんは様々な病気で入院されていますが、病気に立ち向かうときには、「栄養不足でない」ことが重要です。栄養不足の人には、「固形栄養剤を口から食べる・液体栄養剤を飲む」、「胃や腸に栄養剤を投与する」、「点滴注射をする」などの栄養療法を行います。

NSTの活動について

NSTメンバーは、「栄養不足に陥っている患者さん」や「栄養不足に陥るおそれのある患者さん」に対し毎週NST回診を行い、多くの情報から患者さんに最適な栄養療法を考え実施します。近年は、入院中の食欲不振に加え病気によるストレスや活動量の低下によるサルコペニア(筋肉減少症)が注目されています。サルコペニアに陥ると自宅での生活が不自由になるため、治療中の栄養療法に加え、早期からのリハビリテーションによる体力の回復をすすめています。またいつまでもおいしく食事を食べていただけるよう摂食嚥下チームや歯科口腔外科とも協力し「食べる力」の維持、改善に努めます。退院後もスムーズに栄養療法が行えるよう外来や転院先施設、地域とも連携をしています。

Access交通アクセス

〒737-8505 広島県呉市西中央2丁目3番28号

  • 電車でお越しの方

    JR呉線・呉駅下車 徒歩約7分

  • バスでお越しの方

    広島電鉄バスをご利用ください。
    呉駅前より呉駅前のりば9番・10番より宝町中央循環線へ乗車、「呉共済病院前」下車

  • お車でお越しの方

    立体駐車場(病院建物より道路を隔てて正面、24時間・280台収容可・有料)
    陸橋にて直接病院に入ることができます。
    身障者用駐車場(敷地内・救急部横)
    ※使用については防災センターまでお申し出ください。

詳細を見る