MENU

キービジュアル

消化器外科

  • LINE
  • facebook
  • youtube

消化器外科について

ご挨拶

外科のスタッフは現在9名です。各臓器の専門医が地域の患者さんにとって最良の医療を提供しています。
呉共済病院は、県指定のがん診療拠点病院として、がんの専門治療を行っています。外科の担当領域は、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管、肝臓・胆道・膵臓、乳腺、甲状腺などです。
また地域の2次救急病院として、急性胆嚢炎、急性虫垂炎、鼠径ヘルニア陥頓などの腹部良性急性疾患に対する緊急手術も行っています。
当科の治療方針は、外科カンファレンスや、消化器内科・病理診断科・放射線科などの医師やメディカルスタッフとのカンファレンス(キャンサーボード)で決定しています。
当院は高齢手術患者に対するケアが充実しています。呉市民の高齢化に伴い、入院患者さんも高齢化していますので、院内の栄養サポートチーム、呼吸リハビリチーム、摂食嚥下チーム、口腔ケアチーム、運動リハビリチームなどのチーム医療が手術患者さんをサポートする体制が整っています。
外科集合写真

外科の概要と特色

外科には常勤医師が9名在籍しており、消化器・一般外科と乳腺外科の診療を行っています。受診された患者さんに対して、分かりやすく丁寧な説明を心がけており、担当医は責任を持って診療・手術に当たっています。

当科は、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医修練施設、日本乳癌学会認定医専門医制度関連施設の認定を受けています。

消化器・一般外科は、消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝・胆・膵、甲状腺などの悪性腫瘍に対する手術や化学療法、そして胆石胆嚢炎、虫垂炎、鼠径ヘルニアなどの良性疾患に対する手術を行っています。乳腺外科は、乳癌に対する診断や治療(手術や薬物治療、放射線治療)を行っています。女性医師(網岡)が担当します。治療方針はキャンサーボートや外科カンファレンス等の討議により決定しています。

診療方針

各種診療ガイドラインに沿って、それぞれの患者さんの病態に応じてきめ細やかな治療を行うようにしています。以下に主な疾患の治療方針を示します。

食道癌

Stage 0食道癌に対しては、内視鏡的切除、手術、化学放射線療法の中から治療法を選択しています。Stage I食道癌に対しては、手術、化学放射線療法より治療法を選択しています。Stage II、III食道癌に対しては、術前化学療法または術前化学放射線療法を行ってから手術を行います。手術が困難な場合は,化学療法と放射線療法を併用した(または単独の)治療を行っています。

胃癌

早期胃癌に対しては低侵襲手術である腹腔鏡下胃切除術を行い、切除後の再建操作も腹腔内で行うことにより疼痛の軽減や整容性の向上が得られています。高度進行胃癌に対しては術前・術後化学療法を併用して予後向上を目指しています。

大腸癌

早期癌だけでなく進行癌に対しても腹腔鏡手術を行っており、その割合は年々増加しています。近年大腸癌に対する化学療法の効果は目覚ましく、他臓器転移を伴うStageⅣ症例に対しても、積極的な化学療法と転移巣切除を行い、根治を目指しています。腸閉塞で発症した大腸癌に対しては、従来は緊急手術で人工肛門を造設することが一般的でしたが、最近は消化器内科と協力して術前に内視鏡的に大腸ステントを留置し、腸閉塞が改善してから手術を行うことにより人工肛門造設を回避しています。

肝胆膵癌

肝臓癌や転移性肝癌に対しては、肝機能に応じて肝切除術、ラジオ波焼灼術を行っています。胆道癌・膵癌に対しては、根治を目指して術前・術後化学療法を併用しつつ、積極的に切除手術を行っています。周囲臓器浸潤を認めない膵体尾部癌に対して、根治性を損なうことなく、低侵襲で整容性に優れた腹腔鏡下膵尾側切除も施行しています。

胆石症・胆嚢炎

胆石症に対しては腹腔鏡下胆嚢摘出術を行い、症例に応じて術後に傷がほとんど目立たない単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術も行っています。急性胆嚢炎に対しては、原則的に来院当日または翌日に腹腔鏡下胆嚢摘出術を行う方針としています。

虫垂炎

急性虫垂炎に対しては緊急で腹腔鏡下虫垂切除術を行う方針としています。限局した腹腔内膿瘍を形成している場合は、緊急手術もしくは抗菌剤先行投与を選択します。

鼠径ヘルニア

弱くなった腹壁をメッシュで補強する手術を行っています。腹腔鏡下ヘルニア修復術と鼠径部切開法によるヘルニア修復術があり、症例に応じて術式選択をしています。

乳癌

女性医師が担当します。またマンモグラフィーを撮影する放射線技師も乳腺エコーを行う技師も女性ですので、女性の患者さんには安心して診断、治療を受けていただけます。
乳腺外科はこちら

実績(2020年度)

2020年度の手術件数(局所麻酔手術を除く)は524例、そのうち低侵襲手術である鏡視下手術は213例(41%)でした。

手術症例(局麻手術を除く)
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
食道 悪性 1 4 3 2 1
良性 0 2 4(4) 1 1
悪性 42(13) 43(16) 49(12) 42(13) 38(10)
良性 9(3) 2 4 4 5(1)
十二指腸 悪性 3 0 2(1) 2 3
良性 5(3) 7 3(2) 4(1) 3
小腸 悪性 4 0 5 1 5(1)
良性 46(6) 29(3) 33(7) 34(3) 32(1)
虫垂 悪性 0 0 2(1) 4(2) 1
良性 30(28) 37(30) 34(28) 52(36) 47(32)
結腸 悪性 49(19) 68(26) 50(27) 46(21) 52(23)
良性 22(5) 19(3) 25(5) 18(1) 21(2)
直腸 悪性 19(7) 27(12) 24(10) 24(13) 18(14)
良性 5(1) 4 1 3 2
肛門 悪性 0 0 1 2(1) 0
良性 4 6 5 5 19
悪性 18 13(1) 16 23 11
良性 1(1) 0 0 1(1) 0
悪性 7 4(0) 7 9 4
良性 123(113) 124(116) 92(87) 104(83) 111(101)
悪性 15(2) 7(1) 5 17 16(2)
良性 2 2 1 2 0
2 2(1) 2 1 0
乳腺 18 29 15 29 33
鼠径 62(31) 76(26) 85(41) 68(35) 65(24)
腹壁 9(3) 14(5) 5 12(2) 10
甲状腺 8 6 2 3 7
副甲状腺 1 4 2 2 2
その他 19(3) 12(2) 18(8) 16(5) 17(2)
合計 524(238) 541(242) 495(233) 531(217) 524(213)
緊急手術 147(61) 154(80) 124(57) 149(62) 158(73)

( )内は鏡視下手術

症例カンファレンス(キャンサーボード)

火曜日午後5時から 消化器カンファレンス  消化器内科、病理診断科、外科、放射線科、看護師との間で症例検討(画像診断、病理診断、治療法選択)を行っています。
木曜日午後5時から 乳腺カンファレンス  病理診断科、外科、放射線科、検査部、看護師との間で症例検討(画像診断、病理診断、治療法選択)を行っています。

ご挨拶

外科のスタッフは現在9名です。各臓器の専門医が地域の患者さんにとって最良の医療を提供しています。
呉共済病院は、県指定のがん診療拠点病院として、がんの専門治療を行っています。外科の担当領域は、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管、肝臓・胆道・膵臓、乳腺、甲状腺などです。
また地域の2次救急病院として、急性胆嚢炎、急性虫垂炎、鼠径ヘルニア陥頓などの腹部良性急性疾患に対する緊急手術も行っています。
当科の治療方針は、外科カンファレンスや、消化器内科・病理診断科・放射線科などの医師やメディカルスタッフとのカンファレンス(キャンサーボード)で決定しています。
当院は高齢手術患者に対するケアが充実しています。呉市民の高齢化に伴い、入院患者さんも高齢化していますので、院内の栄養サポートチーム、呼吸リハビリチーム、摂食嚥下チーム、口腔ケアチーム、運動リハビリチームなどのチーム医療が手術患者さんをサポートする体制が整っています。
外科集合写真

外科の概要と特色

外科には常勤医師が9名在籍しており、消化器・一般外科と乳腺外科の診療を行っています。受診された患者さんに対して、分かりやすく丁寧な説明を心がけており、担当医は責任を持って診療・手術に当たっています。

当科は、日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医修練施設、日本乳癌学会認定医専門医制度関連施設の認定を受けています。

消化器・一般外科は、消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝・胆・膵、甲状腺などの悪性腫瘍に対する手術や化学療法、そして胆石胆嚢炎、虫垂炎、鼠径ヘルニアなどの良性疾患に対する手術を行っています。乳腺外科は、乳癌に対する診断や治療(手術や薬物治療、放射線治療)を行っています。女性医師(網岡)が担当します。治療方針はキャンサーボートや外科カンファレンス等の討議により決定しています。

診療方針

各種診療ガイドラインに沿って、それぞれの患者さんの病態に応じてきめ細やかな治療を行うようにしています。以下に主な疾患の治療方針を示します。

食道癌

Stage 0食道癌に対しては、内視鏡的切除、手術、化学放射線療法の中から治療法を選択しています。Stage I食道癌に対しては、手術、化学放射線療法より治療法を選択しています。Stage II、III食道癌に対しては、術前化学療法または術前化学放射線療法を行ってから手術を行います。手術が困難な場合は,化学療法と放射線療法を併用した(または単独の)治療を行っています。

胃癌

早期胃癌に対しては低侵襲手術である腹腔鏡下胃切除術を行い、切除後の再建操作も腹腔内で行うことにより疼痛の軽減や整容性の向上が得られています。高度進行胃癌に対しては術前・術後化学療法を併用して予後向上を目指しています。

大腸癌

早期癌だけでなく進行癌に対しても腹腔鏡手術を行っており、その割合は年々増加しています。近年大腸癌に対する化学療法の効果は目覚ましく、他臓器転移を伴うStageⅣ症例に対しても、積極的な化学療法と転移巣切除を行い、根治を目指しています。腸閉塞で発症した大腸癌に対しては、従来は緊急手術で人工肛門を造設することが一般的でしたが、最近は消化器内科と協力して術前に内視鏡的に大腸ステントを留置し、腸閉塞が改善してから手術を行うことにより人工肛門造設を回避しています。

肝胆膵癌

肝臓癌や転移性肝癌に対しては、肝機能に応じて肝切除術、ラジオ波焼灼術を行っています。胆道癌・膵癌に対しては、根治を目指して術前・術後化学療法を併用しつつ、積極的に切除手術を行っています。周囲臓器浸潤を認めない膵体尾部癌に対して、根治性を損なうことなく、低侵襲で整容性に優れた腹腔鏡下膵尾側切除も施行しています。

胆石症・胆嚢炎

胆石症に対しては腹腔鏡下胆嚢摘出術を行い、症例に応じて術後に傷がほとんど目立たない単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術も行っています。急性胆嚢炎に対しては、原則的に来院当日または翌日に腹腔鏡下胆嚢摘出術を行う方針としています。

虫垂炎

急性虫垂炎に対しては緊急で腹腔鏡下虫垂切除術を行う方針としています。限局した腹腔内膿瘍を形成している場合は、緊急手術もしくは抗菌剤先行投与を選択します。

鼠径ヘルニア

弱くなった腹壁をメッシュで補強する手術を行っています。腹腔鏡下ヘルニア修復術と鼠径部切開法によるヘルニア修復術があり、症例に応じて術式選択をしています。

乳癌

女性医師が担当します。またマンモグラフィーを撮影する放射線技師も乳腺エコーを行う技師も女性ですので、女性の患者さんには安心して診断、治療を受けていただけます。
乳腺外科はこちら

実績(2020年度)

2020年度の手術件数(局所麻酔手術を除く)は524例、そのうち低侵襲手術である鏡視下手術は213例(41%)でした。

手術症例(局麻手術を除く)
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
食道 悪性 1 4 3 2 1
良性 0 2 4(4) 1 1
悪性 42(13) 43(16) 49(12) 42(13) 38(10)
良性 9(3) 2 4 4 5(1)
十二指腸 悪性 3 0 2(1) 2 3
良性 5(3) 7 3(2) 4(1) 3
小腸 悪性 4 0 5 1 5(1)
良性 46(6) 29(3) 33(7) 34(3) 32(1)
虫垂 悪性 0 0 2(1) 4(2) 1
良性 30(28) 37(30) 34(28) 52(36) 47(32)
結腸 悪性 49(19) 68(26) 50(27) 46(21) 52(23)
良性 22(5) 19(3) 25(5) 18(1) 21(2)
直腸 悪性 19(7) 27(12) 24(10) 24(13) 18(14)
良性 5(1) 4 1 3 2
肛門 悪性 0 0 1 2(1) 0
良性 4 6 5 5 19
悪性 18 13(1) 16 23 11
良性 1(1) 0 0 1(1) 0
悪性 7 4(0) 7 9 4
良性 123(113) 124(116) 92(87) 104(83) 111(101)
悪性 15(2) 7(1) 5 17 16(2)
良性 2 2 1 2 0
2 2(1) 2 1 0
乳腺 18 29 15 29 33
鼠径 62(31) 76(26) 85(41) 68(35) 65(24)
腹壁 9(3) 14(5) 5 12(2) 10
甲状腺 8 6 2 3 7
副甲状腺 1 4 2 2 2
その他 19(3) 12(2) 18(8) 16(5) 17(2)
合計 524(238) 541(242) 495(233) 531(217) 524(213)
緊急手術 147(61) 154(80) 124(57) 149(62) 158(73)

( )内は鏡視下手術

症例カンファレンス(キャンサーボード)

火曜日午後5時から 消化器カンファレンス  消化器内科、病理診断科、外科、放射線科、看護師との間で症例検討(画像診断、病理診断、治療法選択)を行っています。
木曜日午後5時から 乳腺カンファレンス  病理診断科、外科、放射線科、検査部、看護師との間で症例検討(画像診断、病理診断、治療法選択)を行っています。

スタッフ紹介

  • 消化器外科

    甲状腺外科

    医師

    診療部長
    外科部長
    がん診療外科系センター部長

    田原 浩

    たはら こう

  • 消化器外科

    甲状腺外科

    医師

    手術部部長

    布袋 裕士

    ほてい ひろし

  • 消化器外科

    甲状腺外科

    医師

    内視鏡外科部長

    坂部 龍太郎

    さかべ りゅうたろう

  • 消化器外科

    甲状腺外科

    医師

    消化器外科部長

    中島 亨

    なかしま あきら

  • 消化器外科

    甲状腺外科

    医師

    外科医長

    桒田 亜希

    くわだ あき

  • 消化器外科

    甲状腺外科

    医師

    外科医長

    村尾 直樹

    むらお なおき

  • 消化器外科

    甲状腺外科

    医師

    外科医員

    瀬尾 薫

    せお かおる

  • 消化器外科

    甲状腺外科

    医師

    外科医員

    久原 佑太

    くはら ゆうた

  • 消化器外科

    甲状腺外科

    医師

    外科医員

    橋本 龍慶

    はしもと たつのり

外来診療担当医表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前診療 田原 布袋 中島 坂部 桒田
坂部 中島 桒田 田原 布袋
網岡
(乳腺)
村尾 網岡
(乳腺)
村尾 網岡
(乳腺)
専門外来(午前)       (ストーマ外来)  

月・火・水・金(手術日)
木 (乳腺手術日)
第3火曜日 13時00分~14時00分/消化器がん緩和ケア外来

Access交通アクセス

〒737-8505 広島県呉市西中央2丁目3番28号

  • 電車でお越しの方

    JR呉線・呉駅下車 徒歩約7分

  • バスでお越しの方

    広島電鉄バスをご利用ください。
    呉駅前より呉駅前のりば9番・10番より宝町中央循環線へ乗車、「呉共済病院前」下車

  • お車でお越しの方

    立体駐車場(病院建物より道路を隔てて正面、24時間・280台収容可・有料)
    陸橋にて直接病院に入ることができます。
    身障者用駐車場(敷地内・救急部横)
    ※使用については防災センターまでお申し出ください。

詳細を見る