MENU

キービジュアル

呼吸器外科

  • LINE
  • facebook
  • youtube

呼吸器外科について

ご挨拶

呼吸器外科は、生命維持に最も重要な器官の一つである呼吸器(肺、気管、気管支、縦隔、胸壁、横隔膜)の疾患に対して、2人の呼吸器外科医で診療を行っています。近年癌の死亡率でトップになった肺癌や、肺に孔が開き、肺がつぶれてしまう気胸、肺炎などから胸に水がたまる胸膜炎や膿胸、胸部外傷(肋骨骨折、肺挫傷、気胸、血胸等)、縦隔腫瘍などの外科的治療を主に行っています。また、癌の痛みや苦痛をとる緩和治療にも力を入れて取り組んでいます。
治療方針の決定に際しては、診療ガイドラインの標準治療を原則としながらも、患者さんの体力や合併症を考慮し、カンファレンスで協議し検討しています。そして患者さんやご家族にわかりやすく病名、病状を説明し、十分に納得できる治療法を選択していただけるように心がけています。安全に手術を遂行し、術後は細やかな管理を多職種一丸となってチームでとりくみ、早期社会復帰につなげるよう努力してまいります。

呼吸器外科の概要と特色

すべての患者さんに対して呼吸器外科の専門医が診断・治療を行っています。
呼吸器内科、放射線科と定期的にカンファレンスを行い、治療方針を検討し、協力して診療にあたっています。

原発性肺がん
我が国の臓器別がん死亡率の第1位で年々増加傾向にあり、当科の診療件数も最多です。
肺がんは検診や人間ドックなどで早期発見されることもありますが、進行した状態で発見されることも珍しくありません。腫瘍の状態と患者様の状態(合併症や年齢)を総合的に評価し、呼吸器内科、放射線科、呼吸器外科でカンファレンスを行い適切な治療法を選択してまいります。

肺がんでは標準的治療として胸腔鏡下肺葉切除および縦郭リンパ節郭清術を行っています。早期肺癌や合併症等で標準手術が困難な場合は胸腔鏡下肺部分切除や区域切除を行い、残存呼吸機能の保持に努めています。近年ご高齢の患者様や合併症のある患者様が増えていますので、術前全身評価を重視し、呼吸リハビリを充実させ手術に臨んでいます。

当科ではほとんどの症例で内視鏡手術を行っておりますが、どの患者様においても安全性は最も重要な項目です。そのために創を延長することもありますが、安全な手術を実行し、ここ十年以上致死的合併症はなく、みなさん元気に自宅退院されています。

胸腔鏡下肺葉切除後の創部

気胸

気胸は肺に穴があいて空気が漏れ、肺の表面と胸壁との隙間に漏れ出た空気が溜まってしまう状態のことです。溜まった空気によって肺が押しつぶされるために呼吸困難を感じたり、胸に痛みを覚えたりします。気胸には主に若年者の自然気胸と、慢性閉塞性肺疾患や間質性肺炎、肺腫瘍などに伴う続発性気胸があります。

他に肋骨骨折などによる外傷性気胸もあります。
初期治療として胸腔ドレナージを施行し、難治症例や再発リスクが高い症例には積極的に手術を施行しています。低肺機能や合併症等の理由で手術が行えない場合は、胸膜癒着療法や気管支閉塞術を行うこともあります。

治療法の比較

ドレナージのみ 胸腔鏡手術
利点 ・ 手術侵襲がない
・ 治療費が安い
・ 再発率が低い(約5%程度)
・ 術後早期(3~4日)に退院が可能
欠点 ・ 再発率が高い(約30~60%)
・ 治療終了日の予測が困難
・ 手術侵襲がある
・ 治療費がドレナージのみよりは高い
膿胸

高齢化社会を反映し、誤嚥による肺炎からの膿胸症例が増加傾向にあります。抗生剤の点滴で改善する場合もありますが、発症から時間がたっていたり、内科的治療だけでは治癒しないこともあり、タイミングをみて手術を行い良好な結果を得ています。

胸部外傷

外傷に伴う肋骨骨折、胸骨骨折、外傷性血気胸の診療も行っており、多くは保存的に改善しています。その他、びまん性肺疾患の肺生検や良性肺腫瘍、胸水、縦隔腫瘍、胸膜悪性中皮腫の診療も行っております。

実績

当科の年間手術症例数
2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
肺・胸膜悪性腫瘍関連
気胸
膿胸
縦隔腫瘍
31
14
7
1
30
14
8
2
32
8
8
2
31
10
3
0
26
4
8
1
全身麻酔手術数
鏡視下手術数
55
54
58
54
56
53
48
48
42
41

ご挨拶

呼吸器外科は、生命維持に最も重要な器官の一つである呼吸器(肺、気管、気管支、縦隔、胸壁、横隔膜)の疾患に対して、2人の呼吸器外科医で診療を行っています。近年癌の死亡率でトップになった肺癌や、肺に孔が開き、肺がつぶれてしまう気胸、肺炎などから胸に水がたまる胸膜炎や膿胸、胸部外傷(肋骨骨折、肺挫傷、気胸、血胸等)、縦隔腫瘍などの外科的治療を主に行っています。また、癌の痛みや苦痛をとる緩和治療にも力を入れて取り組んでいます。
治療方針の決定に際しては、診療ガイドラインの標準治療を原則としながらも、患者さんの体力や合併症を考慮し、カンファレンスで協議し検討しています。そして患者さんやご家族にわかりやすく病名、病状を説明し、十分に納得できる治療法を選択していただけるように心がけています。安全に手術を遂行し、術後は細やかな管理を多職種一丸となってチームでとりくみ、早期社会復帰につなげるよう努力してまいります。

呼吸器外科の概要と特色

すべての患者さんに対して呼吸器外科の専門医が診断・治療を行っています。
呼吸器内科、放射線科と定期的にカンファレンスを行い、治療方針を検討し、協力して診療にあたっています。

原発性肺がん
我が国の臓器別がん死亡率の第1位で年々増加傾向にあり、当科の診療件数も最多です。
肺がんは検診や人間ドックなどで早期発見されることもありますが、進行した状態で発見されることも珍しくありません。腫瘍の状態と患者様の状態(合併症や年齢)を総合的に評価し、呼吸器内科、放射線科、呼吸器外科でカンファレンスを行い適切な治療法を選択してまいります。

肺がんでは標準的治療として胸腔鏡下肺葉切除および縦郭リンパ節郭清術を行っています。早期肺癌や合併症等で標準手術が困難な場合は胸腔鏡下肺部分切除や区域切除を行い、残存呼吸機能の保持に努めています。近年ご高齢の患者様や合併症のある患者様が増えていますので、術前全身評価を重視し、呼吸リハビリを充実させ手術に臨んでいます。

当科ではほとんどの症例で内視鏡手術を行っておりますが、どの患者様においても安全性は最も重要な項目です。そのために創を延長することもありますが、安全な手術を実行し、ここ十年以上致死的合併症はなく、みなさん元気に自宅退院されています。

胸腔鏡下肺葉切除後の創部

気胸

気胸は肺に穴があいて空気が漏れ、肺の表面と胸壁との隙間に漏れ出た空気が溜まってしまう状態のことです。溜まった空気によって肺が押しつぶされるために呼吸困難を感じたり、胸に痛みを覚えたりします。気胸には主に若年者の自然気胸と、慢性閉塞性肺疾患や間質性肺炎、肺腫瘍などに伴う続発性気胸があります。

他に肋骨骨折などによる外傷性気胸もあります。
初期治療として胸腔ドレナージを施行し、難治症例や再発リスクが高い症例には積極的に手術を施行しています。低肺機能や合併症等の理由で手術が行えない場合は、胸膜癒着療法や気管支閉塞術を行うこともあります。

治療法の比較

ドレナージのみ 胸腔鏡手術
利点 ・ 手術侵襲がない
・ 治療費が安い
・ 再発率が低い(約5%程度)
・ 術後早期(3~4日)に退院が可能
欠点 ・ 再発率が高い(約30~60%)
・ 治療終了日の予測が困難
・ 手術侵襲がある
・ 治療費がドレナージのみよりは高い
膿胸

高齢化社会を反映し、誤嚥による肺炎からの膿胸症例が増加傾向にあります。抗生剤の点滴で改善する場合もありますが、発症から時間がたっていたり、内科的治療だけでは治癒しないこともあり、タイミングをみて手術を行い良好な結果を得ています。

胸部外傷

外傷に伴う肋骨骨折、胸骨骨折、外傷性血気胸の診療も行っており、多くは保存的に改善しています。その他、びまん性肺疾患の肺生検や良性肺腫瘍、胸水、縦隔腫瘍、胸膜悪性中皮腫の診療も行っております。

実績

当科の年間手術症例数
2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
肺・胸膜悪性腫瘍関連
気胸
膿胸
縦隔腫瘍
31
14
7
1
30
14
8
2
32
8
8
2
31
10
3
0
26
4
8
1
全身麻酔手術数
鏡視下手術数
55
54
58
54
56
53
48
48
42
41

スタッフ紹介

  • 呼吸器外科

    医師

    副院長
    地域医療連携室長
    患者支援センター長
    入退院支援センター室長

    今井 茂郎

    いまい しげお

  • 呼吸器外科

    医師

    呼吸器外科部長

    松本 理恵

    まつもと りえ

外来診療担当医表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前診療 今井 松本 松本

火・木(手術日)

Access交通アクセス

〒737-8505 広島県呉市西中央2丁目3番28号

  • 電車でお越しの方

    JR呉線・呉駅下車 徒歩約7分

  • バスでお越しの方

    広島電鉄バスをご利用ください。
    呉駅前より呉駅前のりば9番・10番より宝町中央循環線へ乗車、「呉共済病院前」下車

  • お車でお越しの方

    立体駐車場(病院建物より道路を隔てて正面、24時間・280台収容可・有料)
    陸橋にて直接病院に入ることができます。
    身障者用駐車場(敷地内・救急部横)
    ※使用については防災センターまでお申し出ください。

詳細を見る