MENU

キービジュアル

CIEDs(植え込み型心臓電子機器)業務

  • LINE
  • facebook
  • youtube

CIEDs(植え込み型心臓電子機器)業務について

植え込み型心臓電子機器(CIEDs)には、ペースメーカ(PM)、植込み型除細動器(ICD)、両室ペースメーカ(CRT-P)、両室ペーシング付き植込み型除細動器(CRT-D)、があります。ペースメーカは徐脈の治療、植込み型除細動器は命に関わる重篤な不整脈が起きた時の治療、両室ペースメーカは左右の心室の動きを同期することで心不全の改善など、植え込むデバイスによって治療の目的が異なります。これらデバイスをまとめてCIEDsと呼んでいます。CIEDsはプログラマーと呼ばれるコンピュータと通信することで設定や動作状況の確認、設定の変更などが行えます。臨床工学技士はこのプログラマーを操作することで患者さんのCIEDsの作動状況を解析し、CIEDsが適切に作動しているかを確認し、医師へ報告しています。現在は3名の臨床工学技士が対応でき、2名の臨床工学技士を教育指導中です。

CIEDs植込み立ち会い

CIEDsは血管造影室で植込みを行っています。臨床工学技士は心電図や血液の酸素飽和度、血圧などの監視をおこないながら、手術が進んでいきます。心臓の中に電気を検出したり刺激したりする電線が入ると、心臓の中の電気の検出や刺激を行うことができるPSA装置と呼ばれる機器を使用して、電線の場所が良いか悪いかを判断していきます。また、プログラマーを操作して医師に指示されたCIDEsの設定への変更や、ペースメーカ手帳への必要事項の記載を行います。

CIEDs植込み1週間後チェック

CIEDs植え込み後、問題がなければ約1週間で最初のチェックを行います。病室まで臨床工学技士が訪問し、チェックを行います。植え込み時と比較することで、変化の有無を確認し、医師の指示によって設定を変更します。チェックを行った後は、医療機器登録制度や遠隔モニタリング装置などの説明をしています。

ペースメーカクリニック

循環器外来でCIEDsを植え込んだ患者さんの定期チェックを行っています。臨床工学技士はプログラマーを操作し、ペースメーカが適切に作動しているかチェックを行います。不整脈等のイベントがあれば医師へ報告し設定変更等をおこなっています。

CIEDs植込み患者さんのMRI撮像対応

CIEDsを植え込んでいる患者さんは、MRI検査を撮像するときには条件を満たしていないと撮像することができません。臨床工学技士がプログラマーを使用してチェックを行った後、特殊なモードに変更することで安全にMRI検査が撮像することができます。MRI検査の前後でチェックを行うことで、検査後に異常が起きていないことを確認します。

植込み型除細動器植込み患者さんのCT撮像対応

植込み型除細動器植込み患者さんは他の植え込みデバイスと違った道具も用いている為、CT撮像時に間違って治療が行われないように、設定を変更することで安全にCT撮像することができます。CT検査の前後でチェックを行うことで、検査後に異常が起きていないことを確認します。

遠隔モニタリング

CIEDsを植え込んでいる患者さんの中で、条件によって遠隔モニタリングを行っている患者さんがいます。ご自宅にいながら不整脈イベントがあった場合や定期的にセキュリティが確保されたサーバーに作動状況などが転送されるため、病院に来ることなく医師や臨床工学技士がチェックすることができます。臨床工学技士は定期的に確認することで不整脈や動作異常を早期発見し、担当医に報告しています。

植え込み型心電計

失神の原因の特定や、脳梗塞の原因が心房細動によるものか診断するために長時間心電図を記録できる植え込み型心電計を循環器外来で植え込みます。この時に心電計の説明と遠隔モニタリングの説明などを行っています。
植え込み型心電計

Access交通アクセス

〒737-8505 広島県呉市西中央2丁目3番28号

  • 電車でお越しの方

    JR呉線・呉駅下車 徒歩約7分

  • バスでお越しの方

    広島電鉄バスをご利用ください。
    呉駅前より呉駅前のりば9番・10番より宝町中央循環線へ乗車、「呉共済病院前」下車

  • お車でお越しの方

    立体駐車場(病院建物より道路を隔てて正面、24時間・280台収容可・有料)
    陸橋にて直接病院に入ることができます。
    身障者用駐車場(敷地内・救急部横)
    ※使用については防災センターまでお申し出ください。

詳細を見る