MENU

キービジュアル

代謝内科

  • LINE
  • facebook
  • youtube

代謝内科について

代謝内科の概要と特色

当診療科では、代謝の病気の一般診療を行っています。代謝内科は、個々の臓器を越えて、個体全体がうまく調和しているかを診る領域です。この中でも、糖尿病は先頃の統計によれば、国民の740万人、予備軍まで含めると1,620万人に昇ると推定され、まさに国民病という名にふさわしい疾患です。

糖尿病は放っておくと、健康を著しく損なう病気です。眼の合併症である網膜症は、進行すると失明してしまう可能性があります。腎障害(腎症)も進行すると尿毒症になり、人工透析をしなければならなくなる可能性も出てきます。末梢神経障害は手足のしびれ、痛みが生じ不快なばかりではなく、進むと壊疽を生じ、足を切断しなければならなくなることもあります。また、動脈硬化が進行しやすく、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞も起こりやすくなります。

しかし、糖尿病はしっかり血糖値をコントロールすればなんら恐いものではありません。血糖値のコントロールには食事・運動など生活習慣の改善が極めて重要です。治療は食事療法を基本として、運動療法や薬物療法を併用することにより行います。生活習慣の改善と長期間治療を継続することが大切ですが、専門医や栄養士による食事指導を受けて、初期にきちんとした知識を身につけてこの病気に正しく対処することも大事です。

糖尿病は、近年大変な勢いで増加しています。この増加した患者さんをより良い状態にするためにも、我々が一番大切に考えているのが「病診連携」です。最近厚生省の考えでも、病院と「かかりつけ医」が協力して患者さんを見ていくことが、大切であると言われています。

代謝内科の概要と特色

当診療科では、代謝の病気の一般診療を行っています。代謝内科は、個々の臓器を越えて、個体全体がうまく調和しているかを診る領域です。この中でも、糖尿病は先頃の統計によれば、国民の740万人、予備軍まで含めると1,620万人に昇ると推定され、まさに国民病という名にふさわしい疾患です。

糖尿病は放っておくと、健康を著しく損なう病気です。眼の合併症である網膜症は、進行すると失明してしまう可能性があります。腎障害(腎症)も進行すると尿毒症になり、人工透析をしなければならなくなる可能性も出てきます。末梢神経障害は手足のしびれ、痛みが生じ不快なばかりではなく、進むと壊疽を生じ、足を切断しなければならなくなることもあります。また、動脈硬化が進行しやすく、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞も起こりやすくなります。

しかし、糖尿病はしっかり血糖値をコントロールすればなんら恐いものではありません。血糖値のコントロールには食事・運動など生活習慣の改善が極めて重要です。治療は食事療法を基本として、運動療法や薬物療法を併用することにより行います。生活習慣の改善と長期間治療を継続することが大切ですが、専門医や栄養士による食事指導を受けて、初期にきちんとした知識を身につけてこの病気に正しく対処することも大事です。

糖尿病は、近年大変な勢いで増加しています。この増加した患者さんをより良い状態にするためにも、我々が一番大切に考えているのが「病診連携」です。最近厚生省の考えでも、病院と「かかりつけ医」が協力して患者さんを見ていくことが、大切であると言われています。

スタッフ紹介

  • 代謝内科

    医師

    診療部長
    代謝内科部長

    岡村 緑

    おかむら みどり

  • 代謝内科

    医師

    代謝内科医員

    武本 知子

    たけもと ともこ

外来診療担当医表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前診療 武本
(代謝・内分泌)
岡村
(代謝・内分泌)
岡村
(代謝・内分泌)
武本
(代謝・内分泌)
岡村
(インスリン治療)

Access交通アクセス

〒737-8505 広島県呉市西中央2丁目3番28号

  • 電車でお越しの方

    JR呉線・呉駅下車 徒歩約7分

  • バスでお越しの方

    広島電鉄バスをご利用ください。
    呉駅前より呉駅前のりば9番・10番より宝町中央循環線へ乗車、「呉共済病院前」下車

  • お車でお越しの方

    立体駐車場(病院建物より道路を隔てて正面、24時間・280台収容可・有料)
    陸橋にて直接病院に入ることができます。
    身障者用駐車場(敷地内・救急部横)
    ※使用については防災センターまでお申し出ください。

詳細を見る