院長あいさつ

呉共済病院忠海分院は、昭和17年旧陸軍工場の従業員の診療所として開設されました。
昭和23年には国家公務員共済組合連合会病院、その後大久野島毒ガス被害救済のための指定医療機関となり、平成12年には地域に根ざし、より豊かな診療体制を築くため呉共済病院と統合し現在にいたっています。
診療科は一般内科のほか専門外来として呼吸器科、循環器科、糖尿病内科、毒ガス専門外来、整形外科、皮膚科、耳鼻咽喉科があります。
特に呼吸器科においては、医師・看護師・理学療法士などが専門の知識・手技を取得しており、平成20年には日本呼吸器学会認定施設(日本呼吸器学会によって認定された診療・教育施設で、呼吸器疾患を診療するための病床数が一定以上あり、かつ日本呼吸器学会が専門医のなかから選考し認定した指導医のもとで呼吸器疾患の臨床研修を行うことができる専門施設)に認定されました。
忠海分院は、「地域社会に信頼される良質な医療の提供」を理念としてかかげ、患者の皆様に、健康増進、地域への貢献を提供できるよう努力しています。
入院部門では、近隣の開業医、病院と協力して入院を受け入れ、連携を保っています。
入院中は良質な医療・質の高い看護・丁寧な病状説明(インフォームドコンセント)とともに、快適な入院生活のための環境整備を行っており、患者さまからも好評を得ております。
また近年の医療改革によって、病院では入院日数の短縮を余儀なくさせられています。
当院の医療圏では高齢化が進んでおり、慢性呼吸不全など重症の慢性疾患の方も多くいらっしゃいます。
患者さまのニーズに対応するため、平成21年には、社会福祉士を配置し、その関与によって、退院から在宅生活の支援を行い、また、平成29年10月からは、昨今の医療情勢を鑑み、地域包括ケア病床の導入によるさらなる在宅復帰支援に向けて入院環境を整えております。
分院長 近藤 圭一

ページトップ