栄養科

栄養科の概要

入院中の楽しみの1つに「食事」が挙げられるのではないでしょうか。
患者様の病態に適した栄養管理を行い、病気の治癒や健康回復を目的とした食事提供を行います。
また、季節の旬やその日の行事に合わせた献立の提供も行っています。
治療の一環としての食事を楽しみながら召し上がっていただき、また病院で提供した食事を参考として退院後の食生活に役立てていただければ幸いです。
食事の一例
食事の一例(七夕)

食事作りへのこだわり

新鮮な食材

瀬戸内海沿岸に位置する当院は、新鮮な魚に恵まれており、魚料理を提供する日は、患者様に大変喜ばれています。
肉は地元の精肉店より国産の肉を仕入れ、料理に使用しています。

手作りの料理

病床数の少ないことを活かし、冷凍食品を極力使用しない、手作りの料理を提供しています。
患者様の「ここの病院の食事はおいしい!」という言葉を励みに、スタッフ一同「安全・衛生」をモットーに心を込めた食事作りに取り組んでいます。

適時適温の給食提供

給食の提供時刻は、朝食7時45分、昼食12時、夕食18時となっております。
また温冷配膳車を導入し、温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく提供しています。
調理の様子
調理の様子

栄養指導について

糖尿病、腎臓病、高血圧症等の疾患をお持ちの方を対象に栄養指導を行っております。
なぜ食事療法が必要なのか、どのようなことに気を付けたら良いのか等、患者様それぞれの食生活を確認しながら、お話しいたします。
栄養指導を希望される方は主治医にお申し出ください。

ページトップ