リハビリテーション科

リハビリテーション科の概要

平成14年4月に新設しました。
運動療法や物理療法のほか、当院の特徴的なものとして、慢性呼吸器疾患の方を対象とする呼吸リハビリテーションにも力を入れています。
リハビリテーションルーム

設置機器

  • 各種測定機器
  • 呼吸筋力計、徒手筋力計
  • パルスオキシメーター(pulsox-300i)
  • ライフコーダー
  • 携帯型酸素消費量計(AT-1100)
  • 運動負荷用自動血圧計(T a n g o)
  • トレッドミル(Aeromil STM-2000)
  • エルゴメーター(STB-3300)
  • 負荷用12誘導心電図(ECG-9521)
  • モイストヒートパック一式 タイプA
  • 低周波治療器 パルスキュア KR-110
  • マイクロ波治療器 エモシア 650
  • 自動間欠牽引装置(腰椎・頚椎)
  • 各種杖(T字杖・四点杖・松葉杖・歩行器・シルバーカーなど)
  • 一般訓練器具

基本的なプログラム

病気により、麻痺、痛み、手足が硬くなる、体力や筋力低下などが原因で手足や体の動きが悪くなったり、日常生活を送ることが難しくなったりした場合に、運動療法を通じてこれらの治療をいたします。
また、当院にはホットパック・低周波治療器・マイクロ波治療器・牽引治療器を備えています。
これらは電気や温熱により痛みを和らげたりする治療を行います。

呼吸リハビリテーション

  • 腹式呼吸方法
  • 上下肢筋力増強訓練
  • 排痰法
  • ADL呼吸動作方法の獲得
  • 運動耐容能向上 など

整形外科

  • 筋力増強訓練
  • 関節可動域訓練
  • 起立・歩行訓練
  • ADL訓練
  • 日常生活指導 など

呼吸リハビリテーションの内容

当院では、症状の程度や年齢を問わず、呼吸器の障害をお持ちの方々により快適な生活を過ごしていただくため、呼吸リハビリテーションをご紹介しております。
  • 息切れを起こさない効率の良い呼吸法(呼吸練習)
  • より楽に、たくさん動けるようになるための体力を付ける方法(運動療法)
  • 呼吸リハビリを日常生活に生かす方法(日常生活指導)
  • 痰が多い方には、疲れず上手に痰を出す方法(排痰法)

呼吸リハビリテーションの流れ

最初に、皆様の身体の状態や体力の程度を知るため、リハビリテーション室にて、歩行テストや体力テストなどを行います。
その後、定期的なリハビリの必要な方には、ご自身の症状に合ったリハビリメニューを立案させていただきます。

ページトップ