MENU

キービジュアル

健康医学センター

  • LINE
  • facebook
  • youtube

健康医学センター(厚生労働大臣認定健康増進施設)

健康医学センター(厚生労働大臣認定健康増進施設)

健康医学センターは、近年増加しつつある、生活習慣病を中心とした内科的疾患の予防と改善を目的とした運動療法施設です。
生活習慣病は、運動不足とアンバランスな食習慣、ストレスなど個人の生活に原因が由来するところが大きく、当センターはその予防と改善のお手伝いをいたします。
当センターにはメディカル会員とビジター会員の2通りの会員タイプがあり、メディカル会員の方は、血液検査や体力、形態測定などを行っていただき、疾病の状態や体力を科学的に分析し、安全かつ効果的な運動メニューを作成し、指導をいたします。また管理栄養士からの栄養指導、医師による診察等トータルなアドバイスを受けられます。
ビジター会員の方は、検査や病院への受診なくアンケートと承諾書を記入していただければ、その日から運動が可能です。トレーナーと相談、アドバイスを受けながら、運動を行えます。
メタボや生活習慣病が気になる方、運動不足の方、一人では運動が続かない方は、当センターを是非ご利用下さい。

ご利用案内

重要なお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当院の健康医学センターのトレーニングジム及び別館の集団指導の外来患者さんの使用をしばらく休止といたします。再開の時期は未定です。再開が決まりましたら、このホームページにてお知らせいたします。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくご理解、ご協力のほどお願いいたします。

会員種別

メディカルフィットネス会員

外来の主治医や人間ドックから紹介していただき、必要な検査(胸部X線写真・運動負荷心電図検査・体力・形態測定・血液検査など)をおこなってから個人の疾病や症状、目的、体力に合った運動メニューを作成・指導いたします。また栄養・生活指導を含めたトータルなアドバイスをいたします。生活習慣病が気になる方、すでに疾患をお持ちの方には最適です。

メディカルフィットネス会員の特徴・利点

  • 検査によりご自分の体力を知ることができ、また安全で、効果的な運動強度の設定が受けられます。
  • ビジター会員より安価でトレーニングできます。
  • 定期的に(月5回以上)トレーニングに来ている方には無料で個人ロッカーの貸し出しをいたします。
    (ただし、貸し出し時に、保証金として500円お預かりします。)
  • 医療費控除の対象になります。

メディカルフィットネス会員の基本方針

医師と運動トレーナーそして管理栄養士が、互いに協力し合って患者さんを健康な生活に導いていきます。

メディカルフィットネス会員の基本方針

生活習慣病は、運動だけでも、食事だけでも、薬だけでも、うまく管理できません。当センターでは、この3者が互いに情報を交換しながら患者さんを改善に導いていきます。

ビジター会員

外来を受診したり検査することなく、ヘルスチェックアンケートと承諾書をご記入いただき運動を開始できます。健康な方であれば、どなたでもすぐにご利用が可能です。

ビジター会員の特徴・利点

  • 健康な方であれば、外来受診や検査することなく、すぐに運動が開始できます。
  • 面倒な検査や外来受診が必要ありません。
  • 希望に応じて体力測定を行えます。
    (体脂肪など形態測定・心肺持久力[Peak VO2・AT《心電図は除く》・筋力・柔軟性【2,200円】)

ご利用料金

メディカルフィットネス会員
内容 時間 料金
トレーニング 1回 平日 8時30〜11時30分 660円
平日 11時30分以降と土曜日 605円
トレーニング回数券(11回分)  終日利用可能 6,600円
アフタヌーン回数券(11回分) 平日11時30分以降と土曜日利用可能 6,050円
1ヶ月フリーパス 次の月の同日まで何度でも利用可能 8,800円
運動処方料(初回トレーニング時・栄養指導含) - 2,200円
運動処方料(初回トレーニング時・栄養指導なし) - 1,100円
ビジター会員
内容 時間 料金
トレーニング 1回 平日 8時30〜11時30分 770円
平日 11時30分以降と土曜日 715円
トレーニング回数券(11回分) 終日利用可能 7,700円
アフタヌーン回数券(11回分) 平日11時30分以降と土曜日利用可能 7,150円
1ヶ月フリーパス 次の月の同日まで何度でも利用可能 11,000円

ご利用時間

内容 曜日 時間
トレーニングルーム 月・水・木 8時30分〜17時00分
火・金 8時30分〜19時00分
9時00分〜13時00分

※ 受付は閉館の1時間前まで
※メディカルチェックは月〜金の午前中のみ

運転開始までの手順

メディカルフィットネス会員

トレーニング開始までには次の手順にしたがって頂きます。すでに当院の内科・循環器科・消化器科に主治医のいらっしゃる方は主治医にご相談を、そうでない方は循環器科の外来受診をしてください。

  • 1日目(問診・診察・血液・尿検査・安静時心電図・胸部X線)

  • 内科・循環器科・消化器科に受診し、健康医学センターでの運動を希望してください。初めて受診される方は、保険証をもって新患受付にて、当センターでの運動希望をお伝えください。初診外来受付時間は8時00分〜11時00分です。(当院人間ドックを受診される方は、人間ドック受診時にドック担当者にお申し出ください。)
  • 各科でメディカルチェック(問診・診察・血液検査(空腹)・尿検査・胸部X線・安静時心電図)を行ないます。
  • 運動負荷心電図検査および体力・形態測定の日時の予約を取ります。

2日目(形態測定・運動負荷心電図検査・体力測定)

健康医学センターにて運動負荷心電図検査および体力・形態測定。運動のできる服装・室内シューズをご用意ください。(更衣室・シャワールームが有ります。)

3日目(検査結果の説明・初回トレーニング・栄養指導)

運動の検査結果の説明、運動の効果、やり方・種類・強度等の説明・運動の実践および管理栄養士による栄養指導。 以後は、開館時間内に自由に来てご利用いただけます。
※尚、病状の改善状態・運動の効果など調べるため、定期的に(半年・1年ごと【病態によって頻度は違います】)運動負荷心電図検査、体力・形態測定、血液検査、栄養指導を受けていただきます。

運動負荷心電図検査の様子

運動負荷心電図検査の様子

栄養指導の様子

栄養指導の様子

ビジター会員

  • トレーニングができる服装・室内シューズを持参してください。
  • 初回にヘルスチェック・アンケートと承諾書を記入していただきます。
  • トレーナーと相談しながら運動を行ってください。

興味・関心のある方、主治医や手続きの点で分からない事がある方は、健康医学センター(南館4階人間ドックの奥)
【TEL0823-22-2111〔内線2417〕】までお気軽にご相談ください。
また開業医で治療しながら通うシステムもあります。
健康医学センターで運動を実践され、継続された方は体に何らかの良い効果があらわれています。

ご自分では運動が継続できない方、自分の体力にあった適度な運動が分からない方、科学的な検査をもとにあなたに合った適度な運動を処方し、安全に効果的に運動を行います。

設備紹介

運動プログラムは、各自の疾患の程度・形態・体力・運動の目的により、決定し行います。したがって、人それぞれ異なったメニューとなります。安全を第一に考え、健康になることを目的としたメニューが中心となっています。狭心症や心筋梗塞後の心電図モニター監視下での運動や、肺疾患の方の酸素吸入しての血中酸素濃度監視下の運動等も行っています。

有酸素運動マシン

  • トレッドミル(ウオーキングマシン)
    トレッドミル(ウオーキングマシン)

    電動モーターにより、ベルトが回転し、一定速度での歩行・ランニング運動ができます。傾斜をつけたり、心拍数を測定することもできるので、自分の目標心拍数で運動ができます。

  • エアロバイク(自転車エルゴメータ)
    エアロバイク(自転車エルゴメータ)

    サドル(椅子)に体重が乗ることで膝にかかる負担が低くなり、大腿の筋肉を主に使うため、体重の多い膝痛のある方に

  • リカンベント・サイクル
    リカンベント・サイクル

    安定性のある座位(リカンベント)姿勢をとることにより、腹筋・背筋の緊張を減らしラクな状態で有酸素運動ができます。また脚が心臓と近い高さになるため、静脈還流がしやすく心臓への負担も軽く無理がかかりません。

  • ステアクライマー(エアロクライム)
    ステアクライマー(エアロクライム)

    ステップ運動は、心肺持久力の向上と下半身の筋力強化を同時に行えます。自分の身体を重力に抗して引き上げる運動であるため、平行歩行より消費エネルギーが多く、短い期間で日常生活に必要な体力の維持・強化ができます。

筋力トレーニングマシン(ノーチラス社製)

  • ラテラルレイズ

    ラテラルレイズ

  • プルオーバー

    プルオーバー

  • アームクロス

    アームクロス

  • アブドミナル

    アブドミナル

  • デュオスクワット

    デュオスクワット

  • レッグエクステンション

    レッグエクステンション

  • レッグカール

    レッグカール

集団プログラム

運動プログラムは、各自の疾患の程度・形態・体力・運動の目的により、決定し行います。したがって、人それぞれ異なったメニューとなります。安全を第一に考え、健康になることを目的としたメニューが中心となっています。狭心症や心筋梗塞後の心電図モニター監視下での運動や、肺疾患の方の酸素吸入しての血中酸素濃度監視下の運動等も行っています。

リズム体操

音楽のリズムに合わせて、ローインパクトでのエアロビクスをおこないます。中高齢者を中心としたやさしいエクササイズです。当センター利用者は誰でも参加できます!!

リズム体操

ダンベル体操

音楽のリズムに合わせて、ダンベルを上げ下げし、全身の筋力・筋持久力を向上させるプログラムです。ダンベル体操は、基礎代謝向上にもつながります。当センター利用者は誰でも参加できます!!!!

ダンベル体操

ストレッチポール運動

ストレッチポールを使って、全身の筋力・筋持久力を向上させるプログラムです。ダンベル体操は、基礎代謝向上にもつながります。当センター利用者は誰でも参加できます!!!!

ストレッチポール運動

バランスボール運動

バランスボールを使って、全身の筋力・筋持久力を向上させるプログラムです。ダンベル体操は、基礎代謝向上にもつながります。当センター利用者は誰でも参加できます!!!!

バランスボール運動
集団指導のみ参加の方のご利用料金

集団指導のみ参加の方は、1回の参加料金が550円です。
5回で2,750円、11回で5,500円の回数券も発行しています。
これは午前でも午後でも使用可能で、どなたでも(メディカル会員、ビジター会員のどちらの方でも)使用可能です。
また、初めて集団指導に参加される方は、初回は、無料で体験していただけますので、ご近所や、お知り合いの方とお誘い合わせていらして下さい。

集団指導のタイムスケジュール

時間/曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
3 4 5 6 7 8 9
10:00〜10:45
(担当)
リズム体操
(二段)
ストレッチ
ポール
(藤武)
ダンベル
体操
(井上)
リズム体操
(藤武)
Bボール
運動
(井上)
-
14:00〜14:45
(担当)
Bボール
運動
(井上)
ダンベル
体操
(井上)
- -
10 11 12 13 14 15 16
14:00〜14:45
(担当)
リズム体操
(高島)
- ダンベル
体操
(井上)
ストレッチ
ポール
(藤武)
Bボール
運動
(井上)
-
14:00〜14:45
(担当)
ダンベル
体操
(二段)
- リズム体操
(藤武)
腰痛予防
(井上)
- -
17 18 19 20 21 22 23
14:00〜14:45
(担当)
リズム体操
(高島)
ストレッチ
ポール
(藤武)
ダンベル
体操
(二段)
コーディネーション
トレ
(井上)
Bボール
運動
(藤武)
-
14:00〜14:45
(担当)
ダンベル
体操
(二段)
リズム体操
(藤武)
Bボール
運動
(井上)
- -
24 25 26 27 28 29 3/1
14:00〜14:45
(担当)
- ストレッチ
ポール
(藤武)
ダンベル
体操
(二段)
ゆるトレ
(高島)
Bボール
運動
(藤武)
-
14:00〜14:45
(担当)
- リズム体操
(高島/
二段)
座位での
筋トレ
(井上)
- -

尚、集団指導は、1クラス10名ずつの予約制となっています。
参加ご希望の方は、0823-22-2111(呉共済病院代表)にお電話していただき、内線(7446)の健康医学センター(井上)のPHSにつないでもらって、予約をお取り下さい。

スタッフ紹介

  • 循環器内科

    健康医学センター

    医師

    循環器内科部長
    健康医学センター部長

    友弘 康之

    ともひろ やすゆき

健康医学センタースタッフ(トレーナー)の取得資格

  • 健康運動指導士(3名)
  • 健康運動実践指導者(2名)
  • ヘルスケアトレーナー(1名)
  • 心理相談員(1名)
  • 心臓リハビリテーション指導士(1名)
  • NSCA-CPT(1名)
  • NSCA-CSCS(1名)

Access交通アクセス

〒737-8505 広島県呉市西中央2丁目3番28号

  • 電車でお越しの方

    JR呉線・呉駅下車 徒歩約7分

  • バスでお越しの方

    広島電鉄バスをご利用ください。
    呉駅前より呉駅前のりば9番・10番より宝町中央循環線へ乗車、「呉共済病院前」下車

  • お車でお越しの方

    立体駐車場(病院建物より道路を隔てて正面、24時間・280台収容可・有料)
    陸橋にて直接病院に入ることができます。
    身障者用駐車場(敷地内・救急部横)
    ※使用については防災センターまでお申し出ください。

詳細を見る