MENU

キービジュアル

歯科口腔外科

  • LINE
  • facebook
  • youtube

歯科口腔外科について

ご挨拶

近年、お口や歯の状態が、全身の病気と深く関わっていることがわかってきました。当院歯科口腔外科では、地域の医療機関等と連携して、住民の皆様の健康増進に取り組んでいます。


一般の歯科医院では対応が困難な患者さんを中心に治療を行い、通常の歯科治療はかかりつけ歯科の先生にお願いしていますが、当院入院中はむし歯や入れ歯などの一般的な歯科疾患に対しても応急的に対応させていただいています。

入院中は口腔内が悪化しやすい状況にあるため、入院時には口腔内の評価を行い安心して入院生活を送れるようサポートします。口腔内にトラブルが生じた場合は迅速に対応し、専門的な口腔ケアや緩和ケアなどを行います。

当科は年々紹介患者が増加しており,予約時間でご迷惑をおかけすることがありますが、患者さんに寄り添い満足のいく医療を提供できるよう努めてまいります。

歯科口腔外科の概要と特色

口腔外科(こうくうげか)は、歯や口・あごの病気を全身状態に注意しながら治療するところです。一般の歯科医院では対応が難しい口腔外科疾患の手術や処置等を行うために紹介医と連携をとり、スムーズに治療を進めていきます。

心疾患・糖尿病・脳血管障害などの全身疾患がある方や医科に入院されている方の一般歯科治療も行っています。

また、全身麻酔の手術の際にはお口の中の細菌が肺炎を引き起こしたり、がんの治療中などは特にお口の状態が悪化しやすいので、口腔ケアによる専門的なクリーニングや緩和ケアを行います。

実績

毎年700例前後の初診患者さんを紹介していただいており、2018年度の入院手術では顎口腔領域の炎症、奇形・発育異常、インプラント、嚢胞、腫瘍、外傷等幅広い口腔外科疾患に対応し95件の入院手術を行ないました。特に高度な顎変形症や骨再建を伴うインプラント手術を行っている施設は県内でも限られており、県外からも紹介をいただいています。

また、全身麻酔の手術や化学放射線療法を受ける患者の全身管理の一環として口腔ケア(周術期等口腔機能管理)を積極的に取り入れ、年間およそ1,500例の患者様に実施しています。

近年では、呉市で開始した骨粗鬆症重症化予防プロジェクト(歯科用パノラマX線写真による骨粗鬆症スクリーニングと顎骨壊死予防)にも積極的に取り組んでいます。

主な対象疾患

顎顔面外傷・骨折

スポーツ外傷や交通事故などでは、歯が脱臼(だっきゅう)したり、あごの骨が折れることがあります。骨折の手術・治療にあたっては、「咬合(こうごう:かみ合わせ)」という歯科的な知識もふまえて行います。

顎変形症(がくへんけいしょう)

コンピュータで手術のシミュレーションを行い、全身麻酔下で口の中からあごの骨を切って移動させ、プレートとネジなどで固定します。かみ合わせだけでなく、口もとや横顔のラインも改善されます。

顎口腔領域の炎症性疾患・嚢胞(のうほう)

嚢胞とはあごの骨の中にできた病的な袋です。ほとんどの場合、症状がないまま大きくなり、虫歯治療のためのレントゲンで偶然見つかることも多く、突然はれたり骨折することもあります。
左のレントゲン写真では、下顎の骨の中にうまった親知らずが嚢胞によって奥に押し上げられています。

口腔腫瘍(こうくうしゅよう)

2週間以上治らない口内炎やしこりは悪い病気のことがあります。かかりつけの歯科医に相談して、必要があれば当科に紹介してもらってください。
左の写真は舌の白板症(前がん病変)です。

インプラント・歯の移植

入れ歯やブリッジが難しい場合、あごに直接人工歯根(デンタルインプラント)を埋入することにより、天然歯と同様の機能を回復することが出来ます。

インプラントを埋入する骨が十分無い場合は、あごや足などから骨を移植したり、人工骨や仮骨延長、CGF(濃縮成長因子)等を応用した再生療法により可能となります。

歯の移植の場合は、保存不可能な歯を抜歯し、不要な親知らず等を移植します。固定用のワイヤーやチタンメッシュプレート等は2~4週間で除去します。

がんの治療に伴う口腔粘膜炎(口内炎)

抗がん剤や放射線治療を受けると、その副作用で口の中に口腔粘膜炎(口内炎)が出ることがあります。強い痛みのため食事や睡眠が十分取れなくなることもあるため、口腔管理(口腔ケア)を行い症状を和らげます。

口腔ケアの参考図書

いずれも当科で一部執筆を分担しています。

ご挨拶

近年、お口や歯の状態が、全身の病気と深く関わっていることがわかってきました。当院歯科口腔外科では、地域の医療機関等と連携して、住民の皆様の健康増進に取り組んでいます。


一般の歯科医院では対応が困難な患者さんを中心に治療を行い、通常の歯科治療はかかりつけ歯科の先生にお願いしていますが、当院入院中はむし歯や入れ歯などの一般的な歯科疾患に対しても応急的に対応させていただいています。

入院中は口腔内が悪化しやすい状況にあるため、入院時には口腔内の評価を行い安心して入院生活を送れるようサポートします。口腔内にトラブルが生じた場合は迅速に対応し、専門的な口腔ケアや緩和ケアなどを行います。

当科は年々紹介患者が増加しており,予約時間でご迷惑をおかけすることがありますが、患者さんに寄り添い満足のいく医療を提供できるよう努めてまいります。

歯科口腔外科の概要と特色

口腔外科(こうくうげか)は、歯や口・あごの病気を全身状態に注意しながら治療するところです。一般の歯科医院では対応が難しい口腔外科疾患の手術や処置等を行うために紹介医と連携をとり、スムーズに治療を進めていきます。

心疾患・糖尿病・脳血管障害などの全身疾患がある方や医科に入院されている方の一般歯科治療も行っています。

また、全身麻酔の手術の際にはお口の中の細菌が肺炎を引き起こしたり、がんの治療中などは特にお口の状態が悪化しやすいので、口腔ケアによる専門的なクリーニングや緩和ケアを行います。

実績

毎年700例前後の初診患者さんを紹介していただいており、2018年度の入院手術では顎口腔領域の炎症、奇形・発育異常、インプラント、嚢胞、腫瘍、外傷等幅広い口腔外科疾患に対応し95件の入院手術を行ないました。特に高度な顎変形症や骨再建を伴うインプラント手術を行っている施設は県内でも限られており、県外からも紹介をいただいています。

また、全身麻酔の手術や化学放射線療法を受ける患者の全身管理の一環として口腔ケア(周術期等口腔機能管理)を積極的に取り入れ、年間およそ1,500例の患者様に実施しています。

近年では、呉市で開始した骨粗鬆症重症化予防プロジェクト(歯科用パノラマX線写真による骨粗鬆症スクリーニングと顎骨壊死予防)にも積極的に取り組んでいます。

主な対象疾患

顎顔面外傷・骨折

スポーツ外傷や交通事故などでは、歯が脱臼(だっきゅう)したり、あごの骨が折れることがあります。骨折の手術・治療にあたっては、「咬合(こうごう:かみ合わせ)」という歯科的な知識もふまえて行います。

顎変形症(がくへんけいしょう)

コンピュータで手術のシミュレーションを行い、全身麻酔下で口の中からあごの骨を切って移動させ、プレートとネジなどで固定します。かみ合わせだけでなく、口もとや横顔のラインも改善されます。

顎口腔領域の炎症性疾患・嚢胞(のうほう)

嚢胞とはあごの骨の中にできた病的な袋です。ほとんどの場合、症状がないまま大きくなり、虫歯治療のためのレントゲンで偶然見つかることも多く、突然はれたり骨折することもあります。
左のレントゲン写真では、下顎の骨の中にうまった親知らずが嚢胞によって奥に押し上げられています。

口腔腫瘍(こうくうしゅよう)

2週間以上治らない口内炎やしこりは悪い病気のことがあります。かかりつけの歯科医に相談して、必要があれば当科に紹介してもらってください。
左の写真は舌の白板症(前がん病変)です。

インプラント・歯の移植

入れ歯やブリッジが難しい場合、あごに直接人工歯根(デンタルインプラント)を埋入することにより、天然歯と同様の機能を回復することが出来ます。

インプラントを埋入する骨が十分無い場合は、あごや足などから骨を移植したり、人工骨や仮骨延長、CGF(濃縮成長因子)等を応用した再生療法により可能となります。

歯の移植の場合は、保存不可能な歯を抜歯し、不要な親知らず等を移植します。固定用のワイヤーやチタンメッシュプレート等は2~4週間で除去します。

がんの治療に伴う口腔粘膜炎(口内炎)

抗がん剤や放射線治療を受けると、その副作用で口の中に口腔粘膜炎(口内炎)が出ることがあります。強い痛みのため食事や睡眠が十分取れなくなることもあるため、口腔管理(口腔ケア)を行い症状を和らげます。

口腔ケアの参考図書

いずれも当科で一部執筆を分担しています。

スタッフ紹介

  • 東森 秀年

    歯科口腔外科

    医師

    歯科口腔外科部長

    東森 秀年

    とうもり ひでとし

  • 新土井 宣晶

    歯科口腔外科

    医師

    歯科補綴科部長
    歯科口腔外科医長

    新土井 宣晶

    しんどい のぶあき

  • 米田 進吾

    歯科口腔外科

    医師

    歯科口腔外科医長

    米田 進吾

    よねだ しんご

  • 三宅 悠介

    歯科口腔外科

    医師

    歯科口腔外科医員

    三宅 悠介

    みやけ ゆうすけ

  • 歯科口腔外科

    医師

    歯科研修医

    廣畠 有里

    ひろはた ゆり

  • 歯科口腔外科

    歯科衛生士

    冨本 麻美

    とみもと まみ

  • 歯科口腔外科

    歯科衛生士

    濱中 琴美

    はまなか ことみ

  • 歯科口腔外科

    歯科衛生士

    矢野 陽子

    やの ようこ

  • 歯科口腔外科

    歯科衛生士

    木坂 汐里

    きさか しおり

  • 歯科口腔外科

    歯科衛生士

    福永 和沙

    ふくなが なぎさ

  • 歯科口腔外科

    歯科衛生士

    宮迫 美羽

    みやさこ みう

  • 歯科口腔外科

    歯科技工士

    曽里 敬子

    そり けいこ

  • 歯科口腔外科

    歯科衛生士

    横田 和可

    よこた わか

外来診療担当医表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前診療 東森
(口腔外科)
東森
(口腔外科)
手術日 東森
(口腔外科)
東森
(口腔外科)
米田
(口腔外科)
米田
(口腔外科)
米田
(口腔外科)
米田
(口腔外科)
新土井
(一般歯科)
新土井
(一般歯科)
新土井
(一般歯科)
新土井
(一般歯科)
新土井
(一般歯科)

水曜日 手術日
歯科口腔外科の初診は、原則として紹介状を持参された方のみ受付となりますのでご了承ください。

Access交通アクセス

〒737-8505 広島県呉市西中央2丁目3番28号

  • 電車でお越しの方

    JR呉線・呉駅下車 徒歩約7分

  • バスでお越しの方

    広島電鉄バスをご利用ください。
    呉駅前より呉駅前のりば9番・10番より宝町中央循環線へ乗車、「呉共済病院前」下車

  • お車でお越しの方

    立体駐車場(病院建物より道路を隔てて正面、24時間・280台収容可・有料)
    陸橋にて直接病院に入ることができます。
    身障者用駐車場(敷地内・救急部横)
    ※使用については防災センターまでお申し出ください。

詳細を見る