MENU

キービジュアル

DPC臨床指標(病院指標)

  • LINE
  • facebook
  • youtube

DPC臨床指標(病院指標)

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づき病院指標を医療機関自ら作成し、市民の皆様へ情報公開を進めています。単に数値を示すことが目的ではなく、自院の診療科について市民の皆様へわかりやすく解説することを目的としています。
現在公開している病院指標は、令和元年度(令和元年4月1日~令和2年3月31日)中に当院を退院した患者さんをデータ集計の対象としたものです。ただし、集計には保険のみを使用した患者さんを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費の患者さんのデータは含まれません。また、一般病棟を一度も使用しなかった患者さんも含まれません。

当院では指標の公開にあたり、医療機関ホームページガイドラインを遵守しております。

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

DPC(診断群分類別包括制度)とは

入院患者さんの病気とその症状を基に、国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。

病院指標とは

病院の様々な機能や診療の状況などを具体的に数値化し示したものです。病院指標を評価、分析することによって医療の質の向上を図って行きます。

※病院の情報公開において、10未満の数値の場合は「―」(ハイフン)を記入しています。

ICD10とは

世界保健機関(WHO)が作成する疾病分類のことです。ICD10は1990年に採択された第10版となります。WHOがICD10を作成する主な目的は、病名・死因を分類し、その分類をもとに統計データを体系的に記録し、分析することです。

対象

  • 令和元年4月1日から令和2年3月31日までの退院患者
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者または生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植は集計対象外

DPCデータによる病院指標

2020年度(令和2年度)の病院指標
過去の病院指標